now loading

施設の種類

老人ホーム・介護施設は、どこが運営しているか、どのような目的で建てられたか、どのような人を対象としているかなどによってさまざまな種類があります。大まかに言うと、介護保険施設と呼ばれる社会福祉法人や自治体が運営する「公共型」と、民間事業者が運営する「民間型」があり、さらにその中でも役割に応じて細かく種類が別れています。
種類とその特徴をしっかり把握して、施設選びの際の参考にしてください。

介護付き有料老人ホーム

民間企業が運営する施設で、原則として65歳以上の方が入居可能です。認知症の方も受け入れる施設があります。
介護サービスを行う介護スアッフが常駐しており、見守り、食事、入浴、掃除、排泄などの日常生活を行う上で不可欠なサービスから、リハビリテーション、胃ろうなどの医療ケアサービスまで幅広いサービスを受けることができます。

住宅型有料老人ホーム

食事や入浴、掃除、見守りなど、日常生活を行う上で必要なサービスが付いた高齢者向けの住宅施設です。自立~軽度の要介護者の方に適しています。
「介護付き有料老人ホーム」と異なり、原則として施設スタッフが介護サービスを提供することはありません。必要なサービスは、外部の介護サービス事業者と訪問介護や通所介護などの別契約をすることで利用することができます。

サービス付高齢者向け住宅

日常生活や介護に不安を持つ高齢者の方が安心して暮らすための賃貸住宅で、60歳以上の高齢者、または要介護者・要支援者の方を対象としています。
住宅はバリアフリー構造などの一定基準を満たしており、基本的には安否確認や生活相談のサービスが受けられます。設備内容、受けられる介護サービスなどは施設によって大きく異なります。

グループホーム

認知症や介護が必要な高齢者、障がい者の方が5~9人を一つのユニットとして共に居住しながら、日常生活で必要な介護サービスを受けることができる施設です。施設の所在地と同じ市区町村にお住まいの方が対象となります。
ユニットごとに居間や食堂があり、食事や掃除などの担当を決めながらアットホームな環境の中で生活することができます。基本的には医療ケアは行わないケースが多いようです。

介護老人保健施設

医師の管理下で看護や介護サービス、機能訓練を受けることができる公共型の施設です。要介護度が高いが病状が安定している高齢者の方が対象で、リハビリテーションを通して在宅復帰を目指します。
定員は通常30人以上とされていますが、30人以下の小規模施設も存在します。入所を継続するか否か、3ヶ月ごとに検討して決められます。

その他(特別養護老人ホームなど)

その他にも、

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護療養型医療施設
  • 軽費老人ホーム
  • 養護老人ホーム
  • 小規模多機能型居宅介護
  • 短期入所療養介護(ショートステイ)

などがあり、それぞれ入居条件やサービス内容が異なります。

シニア住まいラボ鹿児島へご相談ください!

施設探しのプロが すべて無料でサポートします!
  • 老人ホームに関する相談は、何でもご相談ください!
  • 必ずスタッフが直接対面して、相談対応いたします!
  • 足が悪くても安心!当センターのスタッフが伺います!
  • プライバシー保護を徹底しますので、ご安心ください!
  • ご相談から入居後まで、無料でしっかりサポートします!

365日24時間/相談・紹介すべて無料で対応致します。

ページの先頭へ